摂取カロリーを減らす方法

摂取カロリーを減らす方法と食事メニュー

摂取カロリーを減らす方法と食事メニュー

ヒートスリム42°cを使っただけでは痩せなかった・・・

 

そんな時には、他のダイエットも同時に行うことで、非常に高い痩身効果を発揮します。

 

まず、ダイエット!と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、摂取カロリーを減らす食事制限ではないでしょうか?

  1. 食事制限で摂取カロリーを減らす
  2. 運動で消費カロリーを増やす

この2つは、ダイエットの基本中の基本であり、これさえできれば誰でも痩せる!(健康体であれば)とさえ言える、効果的なダイエット方法です。

 

テレビCMで、衝撃的なビフォーアフターを流して大ヒットした、あのプライベートジムも、基本は食事制限と運動による筋力アップで痩せる方法です。

 

・・・でも、これらはそんなに効果の高いダイエット方法であるにもかかわらず、多くの方が失敗しているのが現実です。

 

それはなぜか?

 

その答えは簡単で、続けるのが苦痛だからです。

 

やっぱり、目の前に美味しいものを差し出されたら・・・大好きなスイーツを想像したら・・・

 

食べずに空腹を我慢し続けるのは、苦痛でしかありませんよね。

 

空腹感を感じない食事=ダイエット成功!

それじゃあ、空腹感を感じずに食事制限を続けられたら・・・

 

恐らく、大半の方はダイエットを成功させられるはずですよね。

 

そこでここでは、食事制限時の苦痛を感じない、空腹感を軽減しつつ摂取カロリーを抑えられる食事メニューをご紹介します。

摂取カロリーを減らすおすすめの食事方法とメニュー

食事制限の王道!野菜で満腹作戦

摂取カロリーを減らす方法と食事メニュー

あぁ、やっぱりね・・・という感じかもしれませんが、とにかく食事の際は、先に野菜を食べて満腹感を得ておくのが基本となります。

 

野菜は食物繊維が豊富なので、咀嚼回数を増やして満腹感を得やすく、しかも整腸作用美肌効果健康効果も見込めるという、女性の強い味方です。

 

もちろん、ドレッシングはカロリーが高いものが多いので、なるべくノンカロリーのものをチョイスしましょう。

 

低カロリー食品と置き換える

摂取カロリーを減らす方法と食事メニュー

低カロリー食品と置き換える食事といえば、今流行の酵素ドリンクもこれになりますね。

 

ただ、ドリンクだと空腹感のコントロールに工夫が必要なので、実際には失敗する人も多いです。

 

そうならないためにも、しっかりと食べても太らないものを選ぶのがダイエット成功の秘訣になります。

 

穀類

食品名

カロリー(100g当たり)

白ご飯

168kcal

おかゆ

71kcal

うどん

105kcal

そうめん

127kcal

食パン

264kcal

 

例えば、穀類では、同じ100gでもおかゆが最も低カロリーで、食パンが最も高カロリーです。

 

普段、朝食に食パンを食べている方は、これをおかゆに替えるだけでも約200kcalも摂取カロリーを減らせます。

 

ただし、消化に良く身体に優しい半面、腹持ちが悪いのが欠点なので、できれば事前にサラダを食べてからおかゆを食べると良いですね。

 

また、少し摂取カロリーは上がりますが、薬膳粥にして代謝を上げるのもオススメです。

 

飲料

飲料名

カロリー(100mlあたり)

緑茶(煎茶)

2kcal

緑茶(ペットボトル)

0kcal

缶コーヒー

0kcal

コーヒー(ドリップ)

4kcal

コーヒー(インスタント・ブラック)

4kcal

ビール

40kcal

ワイン(赤・白)

73kcal

日本酒

185kcal


飲料については、最近のペットボトルのお茶はゼロカロリーになっているので、安心して飲めますね。

 

コーヒーは、ドリップ式やインスタントを飲むよりも缶コーヒーの方がカロリーが低いのは、意外と盲点かもしれません。

 

普段は市販のお茶やコーヒーを飲みつつ、空腹感を感じてきたら炭酸水でごまかすのも良いでしょう。

 

また、アルコール類は想像通り、どれも高カロリーとなります。

 

できれば飲まないに越したことはありませんが、どうしても飲みたいとき、飲まないといけないときは、事前に水を沢山飲んでおくと良いですよ。

 

先に水を飲んでおくことでお腹が膨れるし、二日酔い防止にもなるのでオススメです。

 

摂取カロリーを減らす方法と食事メニュー

摂取カロリーを減らす食事方法とメニューまとめ